Movie

四月物語

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※当記事には作品のネタバレが含まれますのでご注意下さい。

四月物語(wiki)
放映年 1998年
監督・脚本 岩井俊二
出演者 松たか子/田辺誠一

『四月物語』(しがつものがたり)は、平成10年(1998年)に公開された日本の映画作品。松たか子の初主演映画。

wikipediaより引用)

四月物語

当たり前なことを書きますが、
当時、この作品を見た時は、
本当に真新しくて前衛的で
キラキラと輝いていたのに
歳を重ね改めて見ると、それなりに古く見え、
同時にノスタルジーにも似た懐かしさを感じ、
胸が締め付けられてしまいます。

映画と共に歳をとってきたということでしょうか。

季節は桜が舞い散る春、
一人の女の子が、とある駅で家族から上京を見送られている。

物語は、岩井俊二の作品でよく見られる
ホームビデオで撮影しているような映像からから始まります。
その飾り気のない等身大の映像から物語の世界に引き込まれてしまいます。

桜の花とともに、夢や期待に胸を膨らませ
田舎から都会に出る時のあの感じ。
おっさんは今でも鮮明に覚えているので、
よくわかります。
岩井俊二はそういう空気感を描くのが抜群に上手いですよね。

ストーリー自体は特にこれといった所はないのですが、
そういう空気感が青春の思い出とともに記憶に残ります。
(ストーリーは劇中の「生きていた信長」の方にひかれてしまいました。
全編見てみたいくらいです(笑))

また、主演の松たか子が初々しくて、とてもかわいい作品。
春から新生活を始められた方や学生さんにオススメの一本です。

あなたの人生にドラマを

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加