Drama

高校教師

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※当記事には作品のネタバレが含まれますのでご注意下さい。
またこの先、駄文が続いております。
貴重なお時間を無駄にされてもいいという方だけお読み下さい。

高校教師(wiki)
放送年 1993年
平均視聴率 21.9%
原作・脚本 野島伸司
出演者 真田広之/桜井幸子/持田真樹/赤井英和/京本政樹/峰岸徹/山下容莉枝/金田明夫/渡辺典子/若林志穂
主題歌 森田童子「ぼくたちの失敗」

『高校教師』(こうこうきょうし)は、1993年1月8日から3月19日まで毎週金曜日22:00 – 22:54に、TBS系の「金曜ドラマ」枠で放送された日本のテレビドラマ。脚本は野島伸司。主演は真田広之と桜井幸子。

wikipediaより引用)

s51の同世代の方には言わずと知れた大ヒットドラマ「高校教師」

たびたび問題作を世に送り出してきた「野島伸司」原作・脚本のドラマです。
(2003年にリメイクされてますが、ここでは元祖1993年版をご紹介します。)

教師と生徒の禁断の恋を描いたこのドラマ、
ジャンル的には「恋愛」モノになりますが、
正当なラブストーリーではありません。
そして
女子高生と教師の禁断の恋、レイプからの妊娠、同性愛、近親相姦、DV・・・
少なくとも爽やかなお話でもありません。
「森田童子」の主題歌がよく似合う暗〜いドラマです。

ドラマとはいえ、本当にうんざりする程
各々が愛を求め、愛を押し付け合う。
それが歪んだカタチでレイプや近親相姦となって出てくるワケですが。

そんな淀んだ空気の中で、
平凡な人生を望む主人公の高校教師、羽村(真田広之)と
普通の純粋な愛を求める女子高生、まゆ(桜井幸子)の恋愛が
際立ってキレイなものに見えます。

心配いらないよ。 私がいるもん 私が全部守ってあげるよ 守ってあげる。

物語は
まゆの友達の直子(持田真樹)が
モテモテ教師の藤村(京本政樹)に犯されるあたりから
過激さを増していくわけですが、
その後はもう、出るわ出るわで・・・

割り切った愛に同性愛や近親相姦、堕胎・・・
当時高校生だった私には見るに忍びない内容でした。
まあ、怖いもの見たさで見てしまうのですが(笑)

その過激な内容は
今でこそあまり珍しくないのですが
当時のドラマとしては斬新だったように思います。

そしてお察しの通り、
過激な方向へ進むにつれ登場人物たちは
歪んだ愛に翻弄されていきます。

羽村は、
愛を信じないという婚約者から
割り切った関係を求められますが
結局、割り切ることができず婚約を解消。
研究室への復職の約束も反故にされどん底状態。

藤村は、
レイプを撮影したビデオテープを使って直子を脅迫し、
精神的に束縛することによって強引に愛してもらおうとしますが、
その歪んだ愛により破滅の道へ。

そして、
羽村への純粋な愛を貫いているようにみえた
「まゆ」も歪んだ愛に翻弄されていた一人でした。
しかもそれは父親との近親相姦という
なかなかヘビーなやつで・・・、
羽村の下駄箱に「助けて」と書かれた手紙を入れていたのは
「まゆ」だったというオチです。

藤村は言います。
「人間はね、本気で人を愛すると狂いますよ
理性やモラルなんて何の歯止めにもなりません。
例外なく人間はね。

その言葉のとおり物語終盤、
まゆの父も、
そして羽村も狂っていきます。

羽村に娘を奪われたまゆの父親。
娘を奪い返すために、羽村宅の窓を素手で割り
血まみれの手で窓を開け侵入しようとする様は常軌を逸しています・・・

挙句の果には、羽村が父親に手をかけるという
何とも、ショッキングな展開に。

最後は火サスみたいな様相になってましたが(笑

女の子はもっとちゃんと好きになるよ。 男よりずっと真剣してるよ。
持田真樹の迫真の演技からは目が離せません(笑)

終盤のまゆと羽村のセリフ集です。
私、先生と普通の恋がしたかった。
普通に出会って、手を繋いで、おしゃべりをして、
時々はヤキモチをやくの。
春が来て、夏が来て、秋が来る。
ちょっとづつ、ちょっとづつ、
二人の間に同じ雪が積もる冬も来て。
バカだね私、自分はちっとも普通じゃなかったのにね。

いつか先生に恋人が出来たら、
きっと私のことは忘れちゃうね。
けど私は忘れないでいい?
先生から聞いたペンギンの話や、朝顔の話。
忘れないでもいいよね。
さよなら。さようなら。
羽村先生。

僕は今、本当の自分が何なのか?
分かったようなきがする。
いや、僕だけじゃなく、人はみな
恐怖も、怒りも、悲しみもない、
まして名誉や地位やすべての
有形無形のものへの執着もない。
ただそこに、たった一人からの
永遠に愛し愛されることのいぶきを感じていたい。
そう、ただそれだけの
無邪気な子供に過ぎなかったんだと。

どんよりとした重い空に海沿いを走る電車。
「お客さん、コートが落ちていますよ。
おきゃ、お客さん・・・」

そんな車掌の呼びかけにも応じず
羽村とまゆは寄り添ったまま目を開けません。
二人の小指は赤い糸で結ばれています。

その有名なラストシーンは
当時いろんな憶測を呼びました。
死んだのか、寝ていただけなのか。
次の日、学校でも話題になっていた事を覚えています。

しかし私的には、
そんな人々の関心を集めたラストシーンよりも、
勧善懲悪の観点から言って
藤村がのうのうと卒業式に出ていたのが許せませんでした。

まあ、そのおかげで藤村だけが
2003年版のドラマに
再び登場するわけですが・・・。

このドラマを見て、「愛」とは何か
訳が分からなくなってしまいそうですが、
今とはちょっと違う’90年代の歪んだ空気、
そんな時代を感じ取ることが出来るドラマではないでしょうか。

あなたの人生にドラマを

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加