Other

赤龍王

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
赤龍王(wiki)
連載年 1986年〜
巻数 全9巻
作者 本宮ひろ志

『赤龍王』(せきりゅうおう)は、本宮ひろ志の漫画作品。単行本は集英社ジャンプ・コミックスより全9巻。デラックス版7巻。集英社文庫全5巻。
久松文雄の『史記』(原作:久保田千太郎)のうち『項羽と劉邦』をベースとしている。

wikipediaより引用)


私が小学生当時、とにかく三国志が大人気で、
横山光輝の三国志が流行っており、
NHKで放送されていた三国志の人形劇も人気がありました。

本宮先生の三国志漫画『天地を喰らう』も人気があり
ファミコン版がこれまた面白くハマった記憶があります。

その本宮先生の次作が
三国志の時代より約400年前の時代を描いた
この『赤龍王』です。

前作の『天地を喰らう』は妖怪とか出てきていかにも少年漫画という感じだったのですが、
この『赤龍王』は、歴史上の人物や史実が比較的詳しく描写されており、
漫画ながらも、リアルな史実満載の話に魅力を感じました。
当時の私からすると少し大人な感じがしたのも覚えています。

「王侯将相いずくんぞ種あらんや」「燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや」
「馬鹿」「背水の陣」「四面楚歌」「狡兎死して走狗烹らる」
など、
有名な格言にまつわるエピソードも描かれており、ためになる漫画です。

おかげで秦末期から前漢あたりに関して少しは詳しくなりましたが
テストで出題されることもなく、あまり役にはたちませんでした(笑)

sekiryuu02

「キングダム」という漫画が大ヒットしましたが、
(最初の数巻しか読んでません・・・)
秦帝国のその後のエピソードを知りたい方にはオススメの漫画かもしれません。

あなたの人生にドラマを

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

*