Drama

東京ラブストーリー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※当記事には作品のネタバレが含まれますのでご注意下さい。
またこの先、駄文が続いております。
貴重なお時間を無駄にされてもいいという方だけお読み下さい。

東京ラブストーリー(wiki)
放送年 1991年
平均視聴率 22.9%(最高視聴率32.3%!)
原作 柴門ふみ
出演者 鈴木保奈美/織田裕二/江口洋介/有森也実/千堂あきほ/西岡徳馬/中山秀征
主題歌 小田和正「ラブ・ストーリーは突然に」

『東京ラブストーリー』(とうきょうラブストーリー)は、柴門ふみによる日本の漫画。1988年から小学館『ビッグコミックスピリッツ』で連載された。1991年1月7日から3月18日にフジテレビ系でテレビドラマが放送された。
キャッチコピーは、「東京では誰もがラブストーリーの主人公になる」。

wikipediaより引用)

東京ラブストーリー DVD BOX

「ねぇ、◯ックスしよう!」

第3話のラストシーン、
当時の中学生にとって、それはそれは衝撃的なセリフでした。

1991年、当時大流行したこのドラマは、
その他にも数々の名シーン、名セリフを生み出します。

完治とリカが別れ際に同時に後ろを向くシーン、
「でも魔法なら使える!」と完治がリカにキスするシーン、
完治の誕生日を一緒に祝うシーン、
などなど、他にもいっぱいあるのですが
全てが名シーンだと言ってもいい程、
二人の世界を楽しみながら見ることが出来ます。

完治に全力でぶつかるリカのひたむきさが
またけなげで、切なかったりするんですよね〜。

赤信号はないぞ!その前に赤名はいなくなる。ある日突然にな。

そんな切ない恋が山場を迎えるドラマ終盤、
当時の私は、絶対に完治と結ばれて欲しいという思いで見ていました。
いや、ほとんどの人がそういう思いで見ていたと思います。
有森也実の嫌われっぷりがすごかったですからね(笑)
有森さん少しかわいそうでしたが・・・。

最終回、愛媛でのシーン、
15分早い電車で帰るリカ、
その車内で完治との思い出を回想するシーンは
もう、本当に切ない・・・。

切なくて、切なくて、
・・・
その一言につきます。

結局、その恋は実ることがなく最後まですれ違い続け、
リカは単身ロサンゼルスへ旅立ちます。

それから2年後、
「完治」の横には「さとみ」が。
そうです、「完治」と「さとみ」は結婚していました。
この時、有森也実は全視聴者から心配になるほど嫌われていましたね(笑)

そんな中、街角でふいに訪れたリカとの再会シーンは
何回見ても胸が締めつけられます。

必ずハッピーエンドで終わってくれると信じ込んでいた
私を見事に裏切った、あまりにも切ないラストでした。

まさしく「ラブ・ストーリーは突然に」終わる、です。

最後のシーンは、またラブ・ストーリーが突然に始まってくれないかなと一瞬期待させられましたよね。

その、主題歌である「ラブ・ストーリーは突然に」がまた胸に響くドラマでもありました。

あなたの人生にドラマを

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加